若い方からお年寄りまで、青汁を飲む方が増えている傾向にあるのは、現代の健康ブームにおいて青汁の評価が高いことを示しています。青臭くて苦く飲みにくいというかつての一般的イメージは取り除かれ、美味しく飲める青汁商品やサプリメント商品が展開しており、摂取しやすさも大きく向上しています。そんな青汁がどうして人気で健康に良いとされているのか、以下に簡単ながらご説明しましょう。

青汁が何でできているかご存知でしょうか? 答えを簡単に言いますと、葉っぱです。青汁は葉っぱの野菜ジュースと考えて構いません。具体的な原材料は大麦若葉やケールです。どちらもリーズナブルながら豊富な栄養を摂取でき、口当たりもよいため、多くの青汁商品に用いられています。その他にも明日葉やよもぎ、ゴーヤなどがあり、またレモンや豆乳、抹茶などを加えて飲みやすさを求めているものもあります。

青汁の原料を摂取するまでに行われている加工の特徴として大きなものは、粉末加工です。大麦若葉やケールの葉を細かくし熱処理等により粉末にします。これが市販の青汁で最も定番の粉末青汁となります。水や牛乳、豆乳などで溶かして飲みます。その他には粉末加工することなく絞りたてを凍らせた冷凍青汁、成分を濃縮して粒状にしたサプリメント青汁などもあります。

青汁は野菜不足の方に好まれる健康飲料の代表格となっており、得られる効果も大きなものがあります。まずは加齢と共に不安が高まる生活習慣病予防に発揮する効果が注目です。青汁は原因としてあげられるコレステロール値の上昇を抑制する豊富な食物繊維を含んでおり、これがコレステロールを吸収し血液の状態を改善、生活習慣病の元凶を防ぐというわけです。この食物繊維は様々な野菜から摂取できますが、食事よりも青汁の方が簡単手軽に摂取できるため青汁が好まれています。

豊富な食物繊維はまた、腸内環境の改善にも力を発揮します。代表的なのは便秘の改善で、腸のぜん動運動を活発化させることで便をスムーズに排出することができます。同時に腸内を整えることは起こりえる病を未然に防ぐことにもなり、さらにはニキビや肌荒れといった肌用面のトラブル改善にも力を発揮します。その他食物繊維の他にもビタミンやミネラル類も含まれており、日々の栄養を補助する効果が期待できます。

青汁さえ飲んでいれば健康になれるわけではなく、あくまでも食事の補助アイテムとなります。しかし日々の生活で野菜の満足な摂取が難しい方や、腸内のトラブルで食物繊維を必要としている場合は青汁は健康サポートに力を発揮してくれるでしょう。手軽で価格もリーズナブルですから、食生活にお困りな方は手にとってみてはいかがでしょうか。

情報提供サイト⇒酵素青汁111セサミンプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>